スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つまるモノとは一体何なのか?

さて、山羊編2話目の感想です。

あまりモノを知らない私はLCでよく色んな言葉を覚えさせて貰ったのですが
今回もまた一つ賢くなった気分です~


先週出てきた 世紀末伝説のヒャッハー野郎様はそのままお倒れになられて
いたのですが、血は流れていなかったので 
きっと剣圧で失神してしまっているか なにか………

いや、ちゃんと「斬ったものはつまらない」と言っている……OH!!!
コレは殺人事件やで!

いいのかなあ~ こんなにサックリと殺っちゃってwwww
エルシドって結構 この頃は冷酷非情な戦士で感情が欠落してた…とか設定だったら
面白いな~ そんで誰かさんの影響で少しずつ変わっていったとか

…あ、すみません、戯言でした… 聞き流してくだされ


この外伝のエルシドさんの眼が 実は怖い…と感じてるんだよね
感情が抑制されてる様な(抑制してるのか)無機質な感じがなんか
ひんやり背筋がしちゃうのです。 ラカーユが背後にヤバス!!…なモノを感じた
ってのがよく分かるような気がする。
私だけだろうか?

エルシドにとって聖闘士の任務も自分の道を極めるための 一つの過程に過ぎない
ってのも全体より個を優先しているってことですよね~
そういうセリフも相まってかなあ なんか孤高な人って思わせるんだよな

(でも本篇に入ってテンマとかと共闘することで個より全体…っていう風に
変わっていくのが またいいんだけどね~)


で、読み進めていく程に 「セリフがほぼ武士」 なんですけどwwww
「正座」とか「かたじけない」とは何事!? と~
絶対・ジパングで修行してカブレたんじゃ??? 道場破りとかwww


トドメは「ながぎれ」と「あまぎれ」 


初めての言葉ですねえ、今まで耳にしたこと無かった~
早速ググったわ

外伝では「あまぎれ」大絶賛だけど調べると 切れ味は落ちやすい…とありますね
どちらがいいのかは 自分は何ともいえないけど
確かに人であるならこっちの方が柔軟性があるか


さて舞台は変わって「闘技場」へ

ごろつき様で溢れかえってるコロシアムですが
そもそも「ゴロツキ」とは一体なんぞや…と思いまたもやググるのでした
はあ、そう、なるほど まあそんな感じだわ~

じゃあ、腕一本で成り上がりたいゴロツキさん ってのは結構皆さん
志が高いじゃないですか~
少なくとも己の腕に自信があるわけで~
意欲的で上昇指向な奴らで溢れかえってるのですね!!!


そしてゾクゾクしちゃう山羊様wwwww
なんという戦闘狂な表現なんでしょうか~ いいわ~斬りたくて斬りたくて
ウズウズな山羊~ うは!ご馳走さまです
若いわ~ 血気盛んにさかってる男ってステキ(なんか意味おかしいか)

そ、そして………

ああっ!!あーっっっっつ!!!!

そ・ん・な!!! コレは…俺達は夢でも見てるのではないか!?



山羊様が半裸!!!!!!



なに、このサービスシーン
アニメの瞬たんでもここまでエロくはなかったぞ(…言いすぎ)

お、おズボンがぁ~

こ、股間がぁァ~~~  (見ちゃ らめええええええ! チラッチラッ)



そしてまさかの一つ一つ丁寧に手動で仕上げました!!…状態の
聖衣装着シーンwwwwww 

はああああ~vvvvvv 


エルシドさん、逸る心を抑えきれずに
シャツを半脱ぎ状態で聖衣着け始めちゃって~ かわゆいwww
ちゃんと脱げよ!!! …と突っ込んじゃいましたよ~

(ズボンの下は下着無さそう……  いや、まさかフンドシ……)



というわけで
山羊編第二弾は衝撃的な内容でしたね

次、どんなエルシドがみられるか楽しみでなりません


ラカーユくんの服はオッパイ有りにしか見えませんwwww

スポンサーサイト

テーマ : 聖闘士星矢 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。